ナンバープレートマスターロゴ
このページをブックマークする
世界のナンバープレート

世界のナンバープレート

日本のナンバープレートは、どのような乗り物であっても、地名があって、ひらがながあって、数字があって……と、決まった形式になっています。型を重んじる日本人らしい発想ですが、それでは、日本以外の国のナンバープレートってどうなっているんでしょうか。少し気になりませんか? そこで、自動車大国であるアメリカと、ヨーロッパ代表イギリスのナンバープレートを調べてみました。

アメリカのナンバープレート

まず、自動車大国アメリカから見てみましょう。アメリカでは、ナンバープレートのことを「ライセンスプレート」と呼んでいます。アメリカのナンバープレートは、基本的には日本と同じようにDMV(日本で言う陸運局)で発行したものを使うのですが、その性質は日本のものとは似ても似つかぬほどユニークです。

ナンバープレートに入る地名は州名

州名というのは、日本の感覚だと県名が入っているという感じでしょう。日本は陸運局のある場所の地名かご当地の地名が入っていますが、アメリカは州名だけです。日本よりも車が多いと思われるアメリカがこんなんで大丈夫なのかと思ってしまいますが、実は問題は全くありません。

アメリカで発行するナンバープレートは大きく分けて2種類ある

アメリカで使われているナンバープレートは、DMVが発行する基本的なものと、独自のオプショナルプレートと呼ばれるものの2種類があります。DMV発行のものも、大きささえ決められたものであればある程度自由にデザインしてもいいらしく、各州で実に個性豊かなデザインが施されたナンバープレートが発行されています。さらに、追加料金を支払うことによって、基本的なものよりもより一層趣向を凝らしたオプティカルプレートが入手できます。このオプティカルプレートの収益金は、公共の基金などに回され、有効利用されています。自由奔放でありながらも、合理性を追求するアメリカらしい発想ですね。この制度により、アメリカではもの凄い種類のものが存在していることになります。

アメリカではナンバープレートの数字も均一記載ではない

日本では、ナンバープレートの記載事項は厳密に決められていますが、アメリカの場合は基本的なプレートは7ケタの数字とアルファベットの組み合わせというのが決まっているだけのようです。オプティカルプレートになると、それはもうやりたい放題のようで、自分の名前をそのままナンバーにしたり、「+」みたいな記号を入れたり、ハートマークのような絵文字を入れたりすることも可能なようで、実際にそれで公道を走っています。

アメリカのナンバープレートは車の前か後ろ片方につけていればよい

日本は、車の前と後ろの決められた位置にナンバープレートをつけないといけませんが、アメリカでは前後どちらかについていればいいようです。そのため、片方に正規のナンバーをつけて、もう片方には広告を貼って走っている車もいるとか……。

アメリカのナンバープレートには発行年月が記載されたステッカーが貼ってある

日本のナンバーにはそのようなものは記載されていませんが、アメリカのナンバーには何年の何月に交付したナンバーなのかが書かれたステッカーが貼ってあります。

このように、自動車大国アメリカは、ナンバープレートも先進的なようで、日本では考えもつかないような制度を使っています。日本も、文字や数字まで好きにいじれるようにしろとは言いませんが、デザインくらいは色んな種類のものから選べるようになっていてもいいと思いますが、難しいんでしょうかね……。

アメリカのナンバープレート

お次は、ヨーロッパの顔の一つといってもいいイギリスです。イギリスを含めたヨーロッパ各国は、EU(欧州連合)を構成しており、今はEU加盟国の間では「ユーロバンド」と呼ばれる決まった型式のナンバープレートを使用しています。ただし、決まっているのは大きさと、EUを示すマークと国名の略字を入れる場所だけで、あとは各加盟国の自由に任されています。イギリスのナンバープレートは、日本のナンバープレートに結構似ています。そういえば、先進国の中で左側通行なのは日本とイギリスくらいですよね。日本とイギリスは車に関しては色んなところで共通点があるようです。

イギリスのナンバープレートは前が白で後ろが黄色

日本では、全く同じものを車の前後につけますが、イギリスの場合は前につけるものが白で、後ろにつけるのが黄色と決まっています。まあ、色が違うだけで、記載されている事項は全く同じものなんですけどね。

イギリスのナンバーの上2ケタは自動車登録した地名の略文字

日本でいうと地名に当たる部分ですね。日本は2文字だったり、3文字だったり、場所によって地名の文字数は変わりますが、イギリスでは2ケタに統一されているようです。

最後の3ケタはアルファベットの組み合わ

日本でいうと4ケタの自由に選べるようになった数字の部分ですね。日本でも人気のある数字の組み合わせがあるのと同様、イギリスにも人気のあるアルファベットの組み合わせというものがあります。日本ではその数字がもらえるかどうかは抽選しだいですが、イギリスではなんと売買できるようです。従って、人気のあるアルファベットの組み合わせには法外な値段が付けられていることも珍しくありません。

イギリスではナンバープレートは作るもの

日本やアメリカは、陸運局等が制作したナンバープレートをつけますが、イギリスの場合は自分で頼んで制作してもらいます。従って、日本のカーショップよろしく、ナンバープレートショップというものが存在し、趣向を凝らしたものをオーダーメイドで作っているようです。ちなみに、イギリスのものは日本のものと違ってプラスチック製で割れやすいと言われています

イギリスは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つからなる国で、それぞれに固有のナンバープレートというものがかつて存在し、しかも、現在でも有効になっているようで、そのナンバーをつけた車も走っているという状態です。しかし、EUで統合されたことをきっかけに、今後は統一された基準のものが発行されると思われます。