ナンバープレートマスターロゴ
このページをブックマークする
ナンバーの選び方

ナンバーの選び方

希望ナンバー制度が導入されて以来、多くの人が自分の好きなナンバーを選ぶようになりました。このナンバーの選び方は、人によって様々でしょう。しかし、理由は人それぞれあれど、人気のあるナンバーというのは厳然として存在しています。勿論、誰が考えても人気が出るだろうと推測される番号に関しては予め抽選対象番号に指定されていますが、抽選対象ではないのに人気があるナンバーというものもあるのです。中には、かつては人気ないと思われていたのに余りにも人気が高いから後で抽選対象番号になったなんてのもあるくらいで……。

希望ナンバー制度の抽選対象番号の変化

2007年現在、希望しても抽選によって交付されるナンバーは「・・・1」「・・・7」「・・・8」「・・88」「・333」「・555」「・777」「・888」「11−11」「33−33」「55−55」「77−77」「88−88」の13通りありますが、実はこの形式になったのは2004年5月のことで、それ以前はというと違う抽選番号になっていました。

1999年の希望ナンバー制度導入直後は26通りが抽選対象

希望ナンバー制度が始まった時は、何も情報がないゼロからのスタートだったこともあって、結構多くの番号が抽選対象になっていました。

  1. 現在の抽選番号に加え、「・・・2」「・・・3」「・・・5」「・111」「・222」「10−00」「12−34」「20−00」「22−22」「30−00」「50−00」「56−78」「70−00」「80−00」が抽選対象だった
  2. 現在の抽選番号のうち、「・・88」は抽選対象番号ではなかった

2001年1月に1度目の見直し

希望ナンバー制度導入から1年余が過ぎ、ある程度人気がある番号というのが絞れてきたようで、1度目の見直しが行われました。

  1. 「・・・2」「・・・3」「・・・5」「・・・8」「・111」「・222」「10−00」「12−34」「22−22」「50−00」「56−78」「70−00」「80−00」が抽選対象から外された

2004年5月に2度目の見直し

1度目の見直しから3年余が過ぎ、時代の変化や、人気番号の変化とともに、再び抽選番号が見直されます。以後、変化なく現在に至っているわけです

  1. 「20−00」「30−00」が抽選対象から外された
  2. 「・・・8」「・・88」が新たな抽選番号として加えられた

と、このように抽選対象番号は変化していったわけですが、「・・・1」「・・・7」はわかるとして、「・・・8」「・・88」が人気があるというのはやはり8は末広がりだからでしょうかね。最近の若い人は、末広がりなんてあんまし知らないんじゃないかと危惧していましたが、8の数字の人気があるというので、まだまだ日本古来の伝統はしっかり根付いてるんだなぁ、と一安心しました。

抽選対象ではないのに人気のあるナンバー

抽選対象になっているナンバーが人気があるのはわかりますが、では抽選対象になっていないのに人気のあるものにはどのようなものがあるのでしょうか。世間一般で人気が特に高いと言われているのが「11−22」というナンバーです。何でも、語呂合わせで「いい夫婦」と読むんだとか・・・。他にも、よく目撃されるナンバーとして「20−01」「20−02」なんてのがあるようです。この車に乗ってる人は、2001年とか2002年に何かあったんでしょうか。だとしたら、今後「20−06」とか「20−07」とかが人気になるんでしょうか。

ナンバーの選び方

このように、希望ナンバーを取得している人は、その人なりの何かにちなんだものを取得していると思われます。では、そのナンバーの選び方はどうしているのでしょうか。いくつかナンバーの選び方を見てみましょう。

語呂合わせで選ぶ

抽選対象じゃないくせにやたらと人気のある「11−22」を「いい夫婦」からつけるといったような、数字を語呂合わせに使って読ませるというやつです。「11−88」を「いいパパ」と読ませたり、「29−33」で「福耳」と呼ばせたり、実に多くのものが考えられますね。

名前を語呂合わせにして選ぶ

自分の名前を語呂合わせにしてしまうというやつです。佐藤さんが「・310」とつけたり、斉藤さんが「31−10」とつけたりするやつです。まあ、私のようにどうがんばっても数字に当てはめられない名前の場合はこの選び方はできませんけどね。苗字だけでなく、名前の方でもできる人はできますから、そこからナンバーを選ぶ人もいます。

何かの記念日を選ぶ

一番わかりやすいのは誕生日ですかね。自分の誕生日をそのままナンバーにしてしまうというやつです。似たものとして、結婚記念日をナンバーにする人もいるようです。中には、「12−24」とかちょっと露骨なナンバーを好んでつける人もいますね。

自分の好きな有名人にちなんで選ぶ

野球選手などが自分の背番号をそのままナンバーにする人がいるという話はしましたが、それと同様に、その野球選手が好きだからそのナンバーをつけるというのもあります。ヤンキースの松井選手の大ファンだから「・・55」をつけるとか、イチロー選手が好きだから「・・51」をつけるとか、そういうやつですね。

希望ナンバーは、見分け方があることから、わかる人には一発でそれとわかる代物です。従って、ナンバープレートを見ると、「ああ、このドライバーは好きでこのナンバーつけてるんだな」というのがわかります。しかし、そのドライバーと親しい仲でもない限り、そのナンバーをつけた理由なんてわかるわけがありません。結局のところ、何をもとにしてナンバーを選んでるのかは推測の域を出ないわけですが、希望ナンバーを見たときに、「この人はどうやってナンバー選んだのかな?」なんて考えるのも結構面白いものですね。