ナンバープレートマスターロゴ
このページをブックマークする
ナンバープレートの豆知識 その1

ナンバープレートの豆知識 その1

どうしても必要な知識ではありませんが、後存知ですといろいろと便利なナンバープレートの豆知識をいくつか紹介しましょう!

自動車の前部のナンバープレートを外しても処罰されない?

自動車のナンバープレートは、後部に取り付けるものは封印がされ、外したらすぐわかるようになっていますし、簡単には外せないようにはしてありますが、前部のナンバープレートはネジで留めてあるだけで、その気になればすぐ取り外しが可能です。現に、たまに前のナンバープレートを外して、ダッシュボードの上に置いて走っている車を見かけます。では、前部のナンバープレートは外しても大丈夫なのでしょうか? 大丈夫なわけはありません。前部のナンバープレートを外してあるところが見つかったら、普通車6000円、大型車7000円の罰金が科せられます。つまらないことで罰金を取られるのはばかばかしいので、ナンバープレートはきちんと正規に決められた場所に付けましょう。

自動車とバイクはナンバープレートの管轄が違う?

原付などを見るとわかるのですが、原付のナンバープレートには「○○市」とか「○○町」とかの文字が刻まれています。しかし、普通の自動車のナンバープレートには市とか町とか入っていませんよね。なぜだか不思議に思ったことはありませんか? これは、自動車と原付にかかる税金の支払う場所が異なるからです。自動車にかかる自動車税は都道府県に納めなければならない税金ですが、原付(厳密に言えば125cc以下の自動2輪車)は、市町村に支払う税金になります。従って、125cc以下の自動2輪には市町村名が刻まれるのですね。

在日米軍の専用車の欠番は「42」と「49」ではない?

自衛隊の専用車のナンバープレートがあるのと同様、在日米軍の専用車にも特定のナンバープレートが交付されています。そして、在日米軍車にも我々の自動車のものと同様欠番が存在しています。いくつだと思いますか? 勘のいい人ならわかると思いますが、「13」です。欧米諸国などのキリスト教圏では13は忌み嫌われていますからね。そういえば、話は違いますが、プロ野球でも外国人選手の場合、「42」と「49」を背番号として付ける選手はたくさんいますが、「13」だけは絶対に付けたがらないともいいますね。国によって嫌がる数字が違う、こんな些細なことにも文化の違いが垣間見えてちょっとだけ面白いと思いませんか?

車の色と4ケタの数字の上もしくは下2ケタだけで車が特定できた?

私が若い頃、実しやかに流れて入ってきた話の中に、「ナンバープレートを全部覚えなくても、車の色とナンバープレートの上か下2ケタの数字だけ覚えていれば警察はどの車か分かるらしい」というものがありました。ナンバープレートは、車を特定しやすくなるように予め陸運局側が調整して交付しているというのです。果たして本当にそうだったのでしょうか。と思っていろいろ調べてみたのですが、資料が見つからず、この噂が本当であったかどうかは確かめる術はありません。現在では既に述べたように、ある程度希望のナンバーを個人の自由に取得することが可能になっていますから、不可能だと思いますけどね……。

他の地域に引越ししたら必ずナンバープレート変更しなければならない?

厳密に言うと、変更しなければなりません。変更する事由が起こってから15日以内に届出をしなければ、50万円以下の罰金が科せられるとちゃんと法律にも書いてあります。しかし、それは現在の話であって、昔はその辺は結構いい加減だったようです。私の父は、今から約20年前に関東から北海道に引越ししましたが、関東の時につけていた関東地方名のナンバープレートを未だにつけています。この間、何度も車検を通っていますから、問題があればその時点で指摘されるであろうはずなのに、何も注意されることなく普通に乗っています。まあ、関東のナンバープレートだったとしても、ちゃんと許可されている自動車ですし、きちんと税金も払っていますから別にいいのでしょう。ただし、この状態だと、私の父の自動車税は関東地方の税金として納付され、北海道には納付されません。住んでもいないところの税金を毎年せっせと支払うのは気分が良くないですから、さっさとナンバープレート変更すればいいのにといつも思ってるんですけどね・・・。あ、私はちゃんと地元のナンバーつけてますよ、念のため。

ご当地ナンバープレートの管轄にある車はナンバープレート変更が必要?

結論から言えば、変更しなくても構いません。住所の変更などがなければ、それまで使用していたナンバープレートをそのまま使っていて問題ありません。わざわざご当地ナンバープレートに変更しようとすると、手続きも必要ですし、費用もかかりますから、別に自分は変えたくもないよ、という人は今までのナンバープレートを使用して大丈夫です。新車を新規登録する場合は初めからご当地ナンバープレートが交付されるみたいですけどね。