ナンバープレートマスターロゴ
このページをブックマークする
ナンバープレートの基礎知識

ナンバープレートの基礎知識

ナンバープレートは、自動車とバイクによっても違いますし、同じ自動車であっても自家用車と営業者では色が違います。しかしながら。我々にとって一番身近であり、最も重要であると思われるのは普通の自動車用のナンバープレートでしょう。そこでここでは、自家用自動車のナンバープレートを例にとって、ナンバープレートにはどのようなことが書いてあるのか、また、何のために書いてあるのかなどの基礎知識を解説します。

自家用自動車ナンバープレートの書式

自家用自動車のナンバープレートには、決まった事柄が必ず記載されています。これは、バイクのナンバープレートにも同じようなことが記載されていますし、トラックなどの大型車でも、果ては営業用の自動車でも同じです。例外的なのは、仮ナンバープレートだとかそれくらいのものですよね。

地名

ナンバープレート上段の左側には、何らかの地名が入っています。これは、勝手にその地名を決めているのではなくて、陸運支局、もしくは車検場がある場所の地名が入っています。従って、北海道のようにエリアが広いような地方ではナンバープレートの地名の種類が多くなりますし、複数の陸運支局や車検場を必要としないところはナンバープレートの地名の種類が少なくなります。

地名の横に書かれている数字・2ケタもしくは3ケタ

ナンバープレートのここに書かれている数字を使って、「3ナンバー」とか「5ナンバー」とか言われていますね。数字が2ケタでも3ケタでも、重要なのは上1ケタ目の数字です。昔は2ケタのものしかありませんでしたが、自動車の増加によってナンバープレートの数が追いつかなくなったため、現在では3ケタのものが交付されています。

ひらがな1文字

ナンバープレートには、必ず何か1つひらがなが入っています。このひらがなのうち、「わ」と「れ」はレンタカーに使用されていて、普通の自家用車には使用されていないナンバープレートだというのは結構有名ですが、実は、どんなナンバープレートにも使用されていないひらがなというのが存在します。

  1. 自家用(白地ナンバープレート)普通自動車の場合はあ行・か行・し・へ・んは使用されていない
  2. 営業用(緑地ナンバープレート)普通自動車の場合はあ・い・う・え・か・き・く・け・こ・をのみを使用
  3. 自家用(黄地ナンバープレート)軽自動車の場合はお・し・へ・んは使用されていない
  4. 営業用(黒地ナンバープレート)軽自動車の場合はり・れのみを使用
    「お」「し」「へ」「ん」の4つのひらがなを使ったナンバープレートは存在しません。
  5. 「お」は「を」と同じ読みであり「あ」と形が似ているから
  6. 「し」は縁起が悪い文字を連想させるから
  7. 「へ」は排気ガスを連想させるから
  8. 「ん」は単に読みにくいから

と、それぞれ使用されていない理由がちゃんと存在します。

ナンバープレートで重要なこと

ナンバープレートは、全く同じものは2つとありませんから、その車が誰のものであるかを特定するのに非常に重要です。何か問題を起こした車があった場合、その車のナンバープレートを覚えなさいと言われているのはそのためです。しかし、もしある車が問題を起こしたとしても、そのまま素早く逃げてしまったら、ナンバープレートに記載されている全ての文字や数字を覚えておくことは難しいでしょう。そこで、そのような場合には、一番大きく書かれている4ケタの数字と地名、それから車の色だけでも覚えておきましょう。この3つのことがわかれば、警察の方である程度車の候補は絞れるといいます。何にしても、自動車のナンバープレートはその車を特定するための重要な手がかりになるのです。