ナンバープレートマスターロゴ
このページをブックマークする
希望ナンバープレート

希望ナンバープレート

今は、自動車所有者が申し出ることにより、自分の好きな番号が取得できるようになりました。まあ、希望ナンバープレートといっても、何から何まで自分の自由にできるわけではありませんが、それでも自由に取得できるようになったことは非常に歓迎すべきことだと思います。

希望ナンバープレートと希望ナンバー制度

希望ナンバープレートが取得できるようになった根拠は、この希望ナンバー制度導入によります。希望番号制度とも言います。希望ナンバー制度の詳細については後に説明しますが、この希望ナンバー制度が1999年に導入されたことにより、一般の人でも希望ナンバープレートが取得できるようになったわけです。

希望ナンバープレートが取得できるようになる以前は?

希望ナンバープレートが取得できるようになる以前は、一番初めに述べたように、陸運局から強制的に交付されるナンバープレートをつけるしか方法はありませんでした。当然、その頃から自分が欲しいと思う番号があった人も多かったでしょうが、お上のやることには逆らえません。陸運局内部でどのような順番でナンバープレートを交付していたかはわかりませんが、恐らく陸運局の内規によって機械的に交付されていたのでしょう。従って、自分の希望する番号が取得できるかどうかはただの運だったわけで、しかもその確率は1万分の1近くでした。

なぜ希望ナンバープレートが取得できるようになったのか?

国というのは、形式に例外なく当てはめることが公平さを保つ方法であるとしており、それがかつては正しいことであるとされてきました。しかし、時代の変化とともに国側にも変化が生まれ、徐々に規制緩和の方向に向かっていったのはご存知ですよね。その規制緩和の一環として導入されたのが希望ナンバー制度だったと考えられます。

希望ナンバープレートには欠番がない

通常、陸運局側から機械的に払い出される番号は、下2ケタ「42」と「49」が欠番になっていることはお話しましたが、なんと、希望する人間に対してはこの下2ケタ「42」「49」も交付されるようです。まあ、語呂が良くない数字ですから、この2種類の番号を希望する人がどれくらいいるのかはわかりませんが、少なくとも存在し得ないものではないことだけは確かです。昔だったら、下2ケタ「42」「49」はインチキナンバーでしたが、今この2つの番号を見かけたからといって「欠番のはずだからインチキナンバーだ!」と決め付けることはできません。注意しましょう。

軽自動車の希望ナンバープレー

1999年に希望ナンバー制度が導入された直後は、軽自動車に関しては認められていませんでした。軽自動車の希望ナンバーが取得できるようになったのは2005年のことです。今では普通の自動車と同様に欲しい番号を取得することが可能です。しかしながら、オートバイ・原付等に関しては今でも取得することはできません。

営業車の希望ナンバープレート

自家用の自動車、いわゆる白ナンバーは希望ナンバーが取得できますが、では営業車のほうはそうなっているのかというと、緑ナンバーに関しては取得できますが、軽の黒ナンバーは取得できません。まあ、軽自動車の希望ナンバーが取得できるようになったのもつい最近のことですし、いずれ黒ナンバーも取得できるようになるかもしれませんね。

希望ナンバープレートと普通のナンバープレートの見分け方

とはいっても、普通に道路を走っているだけでは、どれが希望ナンバープレートで、どれが普通のナンバープレートかを見分けることができないと思う人が多いでしょう。実はそうではありません。通常交付されるナンバーと希望ナンバーはきっちりと区分されているのです。しかも、それを見分けることも可能です。

希望ナンバープレートは地名の横の数字が3ケタである

まず、根本的なこととして、希望ナンバープレートは、地名の横の数字が3ケタになっていることが挙げられます。昔の車のナンバープレートは数字が2ケタなのが普通ですが、近年、自動車の増加によってナンバーが足りなくなり、3ケタの数字が導入されたお話もしましたね。実は、この時に希望ナンバー制度も同時採用されたのです。ですから、基本的に希望ナンバーはこの数字が3ケタのものだけになるのです。

希望ナンバープレートの3ケタの数字は、下2ケタが30〜99(4・5・8ナンバーは30〜79)

この2つの条件を満たしているナンバープレートが、希望ナンバーとして自動車の所有者が取得したものになります。このように、自分で希望ナンバーを取得したことは知っている人から見れば丸わかりですから、下手な語呂合わせのナンバープレートなんかを希望していた場合、「あいつあんな番号好んで選んでやがる」と思われてしまいます。考えようによっては結構恥ずかしいかもしれませんね。